『病院の奨学金で看護師』のメリット&デメリットは?経験者が回想してみた

447 Views

病院にも奨学金制度がありますよ

看護師になりたいと決めて、看護学校へ入学を考えます。問題となってくるのが学費です。学費も私立と県立を比較した際、私立のほうが学費は高いです。自分が希望する看護学校へ行き卒業までどれくらいかかるか調べるのをおススメします。

どちらにせよ、看護学校へ行くためには学費の問題をクリアしなければなりません。

親から学費を支援してもらえたら嬉しいですが、経済状況によっては難しい場合もあります。僕みたく社会人から看護師を目指す人もおり自分で学費を工面する人もいます。

学費が厳しい人のために、学校では日本学生支援機構による奨学金制度を受けれますが、これは審査が必要となります。必ずしも奨学金制度を受けられるかと言ったら受けられない場合があります。確実性がないと学校へ入学することに躊躇しちゃいますよね。

実は、奨学金を受ける方法は、日本学生支援機構以外にもあります!それは病院の奨学金制度を利用することです。病院から借りるのに抵抗がある人もいると思いますので、今回は病院の奨学金を利用し看護師になった場合について解説をしていきたいと思います。

病院の奨学金を利用した時のメリット・デメリットは?

まずはメリット編から

①病院の奨学金は多めに借りられる。

日本学生支援機構を利用したクラスメートは月6万円程度しか支給されなかったと話がありました。それに対し病院の奨学金は月に10万円以上支給してくれるところもあります。学費が多めに借りられるため、バイトせず勉強に集中できます。

余談になりますが、特に3年生になると実習や国家試験の勉強で課題も多く、バイトができるとしたら夏休みまでした(体験談)

②奨学金を受けることで卒業後の就職先が決まる。

これはデメリットとも言えますが、就活せず就職先が決まることです。看護学校の3年生は実習や受験勉強で忙しく就職先が決まっていれば不安軽減になります。

③病院からのバックアップが得られる。

遠方から看護学校へ通う学生に対して、病院から宿舎の入居が提供されます。また、宿舎に通うのが難しい人にはアパート代が支給されたそうです。

余談ですが夏季、冬季の休みを利用して病院でバイトすることも可能です。病院でバイトすることで、就職前からスタッフと顔見知りになれ、現役看護師から学校の授業でわからない所を教えて貰えれます。

④3年間働けば学費はチャラ

卒業後、お礼奉公をすれば看護学校の3年間にかかった学費は無料になります。病院によっては借りた額によってお礼奉公期間が異なります。友人から聞いた話ですが最大で6年間お礼奉公した看護師もいるそうです。 事前調査は必ずしましょう!

次はデメリット編です。

①学校の成績表を病院へ提出する。

病院から奨学金を借りた場合は、成績表を毎回、病院へ提出します。成績表を提出するのは順調に勉強して留年なく卒業できるか確認するためです。

人によっては赤点取って小言を言われるのではないかと悩んでいた人もいます。僕は赤点とりまくってました( ー`дー´)キリッ

②お礼奉公をしなければならない

看護師の免許に合格した場合はお礼奉公をします。配属先の病院がブラックな場合、退職したくても奨学金返済のため退職ができにくいです。

退職する場合は、一括で奨学金を全額返済してもらうことになります。奨学金を受ける病院の情報収集をしておくことをお勧めします。

③奨学金を借りた新人看護師の教育指導が厳しい?

確実性がないので断定して言えませんが、奨学金を借りた新人看護師は辞めたくても辞めれない状況だから厳しく指導しても大丈夫だとか聞いたことがあります。

僕的には人間関係の相性だと感じます。もし、そういうことがある場合は、コミュニケーションを取ることをおススメします。一番いけないことは相手と話さないことです。

僕は新人看護師の時に、仕事を覚えたい一心で、相手との会話を疎かにして先輩方に誤解されました(笑)会話するようになったら扱いは一変して良くなりましたよ^^

まとめ

病院から奨学金を借りるメリットとデメリットに解説しましたが、良いところもあれば悪いと感じるところもあると思います。

正直、看護学校を卒業してから起きることなんて誰にもわかりません。自分が看護師になりたいのであれば確実に使える方法は使っていくことをおススメします^^ 

僕もそうしてきて現在看護師として働いていますから(笑)

最期まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました