米とパンどっちが太る?暴飲暴食を抑え満腹感が得られる食べ方も解説

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、なべです!

実は僕、ダイエットをおこなっていまして3か月間で72㎏➡64㎏とー8㎏減のダイエットに成功しました\(^o^)/

今回のことでダイエットは食事がメインだということが体験を通して学んだわけですが太りたくない人やダイエットを成功させる上で食事に対する考えを身につけた方がおススメです。

今回のテーマは「お米とパンはどっちが太る」についてになります。さらに暴飲暴食を抑え満腹感が得られる食べ方も解説していきますので最後までお読みいただけたら幸いです。

Advertisements
Sponsored Link

お米とパンどっちが太るの?

僕の体験談からとして結論からとしてパンが最も太りやすいです。

パンはお米と比べて脂質がありカロリーもあって高くなります。逆にお米は糖質だけで脂質がないため、パンと比べてカロリーは低めです。

ダイエット中になぜ脂質は控えた方がいいの?

ダイエット中に脂質が控えた方が良い理由は、糖質と比べて脂質はカロリーが高いのです。

  • 糖質は1g=4カロリー
  • 脂質は1g=9カロリー

同じ1gだけでも脂質が糖質が高いんです。脂質が多い食べ物を過剰にとりすぎるとカロリー過多になりそれだけ脂肪として蓄えらてしまうんです。

ダイエットの王道は摂取カロリーが消費カロリーを超えないことにあります。

だったら脂質多くしても摂取カロリーを消費カロリーより下回ればいいと思った人もいるでしょう。昔の僕がまさにそれでカロリーさえ押さえれば太らず痩せると思ったのですがこれが失敗の序章だったのです。

お米とパンどっちが腹持ちが良い?

先程、お話の途中で話していた続きですが僕が今まで失敗に至った理由は「満腹感」になります。

ダイエット中でもパンが食べたくてお米を控えていたんですが、食べたときは満足感はあるんですけど腹持ちが悪いんです。

パンは小麦粉で出来ているため胃の中での消化が早く直ぐにお腹が空きやすいんです。逆にお米は胃の中での消化も時間がかかるため、パンより消化が長く腹持ちがよいですよ。

腹持ちが悪いと空腹感を感じやすいので食欲がわいて食べ過ぎてしまうことが僕の体験談としてあります。

以上のことから、お米は腹持ちが良くてダイエットの味方と言っていいでしょう。

暴飲暴食を抑え満腹感が得られる食べ方も解説

次は暴飲暴食を抑え満足感を得られる食べ方について解説をしていきます。

暴飲暴食を抑えるためには3食きちんと食べること

太りたくないから3食きちんと食べない人もいると思いますがそれはやっちゃ駄目ですよ。確かに摂取カロリーが減れば体重は落ちると思いますがそれをやってしまうと失敗します。

その理由は「血糖値の安定」になります。絶食や欠食をすると血糖値が下がり体内の脂肪細胞の脂肪を分解しエネルギーとして使います。

脂肪が減ってダイエットに効果的と思った人もいると思いますが、空腹状態が続いた状態で食事をすると下がり過ぎた血糖を通常状態に戻すために血糖値が上がりやすい状態になるのです。

そうなると血糖値があがることで体内に脂肪がつきやすくなるので逆に太りやすくなるのです。

さらに空腹状態が続くと筋肉内にある糖質も使われるため、筋分解が進み筋力低下をもたらすため脂肪燃焼に悪い体になるため注意です。

3食きちんと食べることで「血糖値が安定」し空腹感も抑えられます。

食べる量を意識すること

次は食べる量を意識することも大事です。

朝と昼は普通にたべて、夜は少なめにすることです。

なぜ夜は少なめかと言うと夜は活動が少ないからです。仕事が終わって夜にお腹いっぱい食べたら食べたカロリーの消費はどうしますか?

朝と昼は活動の時間の為、食べた分は消費されやすいですが夜は休むだけですので軽めに食べるだけです。

お仕事を頑張った後はご褒美としてお腹いっぱい食べたい気持ちもわかりますが

あくまで体重を落としたいのであれば消費カロリー➡摂取カロリーを忘れないでください。

僕は夜にガッツリ食べて太りました。

Advertisements
Sponsored Link

満足感を得られる食べ方は?

満足感を得られる食べ方としては初めにタンパク質を食べることをお勧めします。

食欲を抑制させるためにはタンパク質から食べてください。タンパク質を食べることで食欲を抑えることができます。

次はお米で最後に野菜を食べることで満足感を得ることができます

食欲の原因であるタンパク質欲を満たし、お米で血糖値を安定させ野菜を取って補う。

野菜はビタミンが入っています。

以前までは太らない食べ方として先に野菜を食べてタンパク質をたべて最後にご飯を食べて血糖値を急に上げないとありますが、血糖値を安定させるために最後にご飯では血糖値はあげつらいと感じました。

僕はタンパク質➡糖質➡野菜で食欲も落ち着いたのでお勧めです。

あくまで摂取カロリーが消費カロリーを越えないことを前提で食べる量を調整していますので、過剰に取ってしまったら太りますから注意していくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[quads id=1

コメント

タイトルとURLをコピーしました