スイッチのジョイコンが壊れやすい原因を解説!長持ちする方法は?

この記事は約4分で読めます。

ニンテンドースイッチが有機ELとして新型モデルが出ると話題になっていますね!

個人的には新型モデルが出るのは歓迎ですが、その前にジョイコンの耐久性を上げてほしいのが本音です(笑)

そもそもなんでジョイコンが壊れやすいんでしょ?

今回は「スイッチのジョイコンが壊れやすい原因を解説!長持ちする方法は?」と題しまして記事をまとめたのでご紹介します。

Advertisements
Sponsored Link

スイッチのジョイコンが壊れやすい原因を解説!

SNSでジョイコンが壊れている原因について意見を拾ってみると外部による衝撃が原因とされています。

  • 昔のゲームボーイ時代の製品と比べて電子機器の耐久性が弱作りになっている。
  • ジョイコンのステッイクの耐久性が弱く力を過剰にかけると壊れやすい
  • ボタンも同様に力を過剰にかけると壊れやすい
  • 高いところから落したりして衝撃を与えている
  • 十字ステックを動かしていると軸が擦れて粉が出てしまいそれが詰まりの原因で動作不良となる。

昔はコントローラにある十字キーやボタンでゲームを遊べたんですが、現在では体感型が主流になっていますので「動き」に合わせてゲームをプレイできます。

コントローラを振ったり等、外部からの圧力が加わりやすくなったのも壊れやすい原因だと言えます。

でもそうはいってもゲーム機を販売しているならそれに対しての解決策をしてほしいですよね”(-“”-)”

十字スティックの軸が擦れて粉が出て動作不良になる件ですが「エレクトリッククリーナー」を吹きかけると大抵直ります。

僕も何度かこの方法を試したら十字スティックの動作不良が改善しました。

スイッチ,ジョイコン,壊れやすい,原因,長持ち,方法

ジョイコンを長持ちする方法は?

ジョイコンを長持ちさせる使い方は壊れる原因となる「外部からの圧力」をできるだけしないことです。

ジョイコンのスティックを過剰に強く押しすぎない、ボタンを強く押しすぎないことが必要と言えます。

もし心配であればプロコンというジョイコンの代用品をお使いになるのも手です。据え置き型のコントローラーですが、ジョイコンと比べたら耐久性は高いと言えます。

 

 

最近では転売屋もスイッチ本体の供給が追いついたためか適正価格でメルカリで販売していますからいい傾向ですね^^

それに安いですしね^^

Advertisements
Sponsored Link

スイッチのジョイコンが高いのはなぜ?

スイッチのジョイコンが高いのはなぜなんでしょう?

スイッチのコントローラーを買おうと思って、最初から付いているコントローラーと同じjoy-conコントローラーを調べると1ペアで約7980円と値段が出てきます。

めっちゃ高いですよね。この値段はゲームソフトが一本買えますよ( `ー´)ノ

もう高いんだからニンテンドーさん、耐久性の良いコントローラ作ってよーーーー。

耐久性が弱い原因の要因として調べてみると、ニンテンドー公式からは具体的な内容はありませんでしたがおそらく「大人の事情」が絡んでいると言えます。

そ装飾品で稼ぐになります。良く聞く話でもスマホを購入したら本体は壊れるまで買い換えない人もいますが、装飾品なら購入したりする人もいます。

イヤホン、ケース、衝撃用シール等などは本体と比べて高くはないのでついつい買う人が多いのです。

これをスイッチに例えると、ジョイコンが装飾品。ニンテンドーは大企業ですからエゴサーチをしているはずです。

壊れやすいという問題は抽出しているわけですが、耐久性を改良せずバッテリーだけの改良をしただけです。

つまりコントローラの耐久性が弱いのは知っていて改良しないということに繋がります。

そしてコントローラーはゲームをするための大きな要ですから、壊れたら購入してもらった方が良いと高い値段設定で販売しているのではと考察できます。

あくまで考察ですが、プロコントローラー等の安い物が出ているのはライバル社との価格競争もある為、安くせざるを得ないことも考えれます。

何はともあれ、外部からの衝撃を過剰に与えないようにゲームをするのが大事というわけです。

と言っても、コントローラをぶん回してゲームを楽しみたいんですけどね(笑) ( `ー´)ノ

今回はここまでになりますが最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました