バケモノの子の楓が嫌いとされる3つの理由!原因はヒロインがうざい?

この記事は約4分で読めます。

どうも、なべです!

金曜ロードショーでバケモノの子が放送されるのが楽しみですね!僕もこの作品は大好きでDVDをレンタルして何回もみましたが泣ける映画だと感じます。

バケモノの子はとても素敵な作品ではある一方、ヒロインの楓ちゃんが苦手という声もチラホラあるんですよね。なんで苦手なんでしょうね?

今回は「バケモノの子の楓が嫌いとされる3つの理由!原因はヒロインがうざい?」と題しまして記事をまとめたのでご紹介します。

Advertisements
Sponsored Link

バケモノの子でヒロイン役の楓とは?

バケモノの子であるヒロイン役の楓は人間界の渋谷にある進学校に通う女子高生です。この物語の九太のキーパーソンの一人と言ってもいいでしょう。

【おおかみこどもの雨と雪】お父さんの死因を解説!なぜ死んだの?

楓は青年になった主人公の九太と人間界で出会います。九太はバケモノ界へ転移してから青年になるまで育ちますが、彼に人間界などを含めた世界の広さを知るきっかけを与えたヒロインです。

見どころは物語が展開していく仲で二人は恋仲に浸染していく模様が楽しめます。

声優役・広瀬すずの評判は?

声優は女優の広瀬すずさんです!

広瀬すずさんが担当する楓役は、とってもハマり役で高評価です。最近では声優さん以外に俳優・お笑い芸人さんも担当することが多くなりました。

個人的には声優さん以外のアフレコは新鮮ですね^^

蓮と良かった〜広瀬すずそのままやった気がするw かわいかった〜(´ω`*)

バケモノの子,楓,嫌い,苦手,ヒロイン

バケモノの子の楓が嫌いとされる3つの理由!

バケモノの子の楓が嫌いとされる3つの理由を個人的に見解でまとめてみたのでご紹介します。劇中の中で楓が苦手とされるのは情報を調べてみるとやはり戦闘シーンにありました。

逃げなくてピンチになる

「ここから離れろ!危険だから逃げろ!」と言われてるのにも関わらず離れない楓。

九太のことを心配するのもわかりますが、戦力外の楓が一緒にいるのは危険度が増しますよね。

他のアニメでもよくある光景ですが、逃げろと言われたら「OK」と言って颯爽と逃げるヒロインの方がとても素敵ですww

やるなということを平気でやる

バケモノは私はやっぱり苦手かな。それはヒロイン子が「やるな!」と言ったことをわざわざやってしまうこと。それで案の定ピンチに陥るという設定にヤキモキ( ;∀;)

敵の前にシャリシャリでてくる

九太連れて地下鉄で逃げてるシーン。個人的にはあそこだけはいい事してると思うんですよね。九太をかばう様に楓が敵前に立ちはだかります。

楓が強ければいいんですが言うだけ言って敵を煽ります(笑)

正義感があって素晴らしいんですが時と場合によりますね。

かめはめ波を打てるくらいの強さがあれば即戦力でいいのですが、そしたら主人公を超えて別の作品になってしまいます(笑)

原因はヒロインがうざいし苦手

バケモノはヒロインが苦手かな。作品はパーフェクトストーリだけど、ヒロインをゴリゴリに出演させる設定感が苦手。

バケモノちゃんがラストあたりで決着の場面!みたいな時、いきなり飛び出して一郎彦に説教始めるのマジでハテナだし、典型的な足でまといヒロイン感が凄いから苦手

バケモノとかそんなでばってこなくても話進むのにでばってくるので邪魔で突き飛ばされたところで爆笑しました。

内容今日初めてバケモノ見て、なんかちゃんがなんかやらかすのかと思ってたよ( ˇωˇ )いいやん 嫌いじゃなくて苦手ぐらいかな。

バケモノとかほんと苦手っす。危ないから逃げろって言われてんだから逃げてー

原因はヒロインが戦闘シーンでの足手まといが要因とされています。楓はこの物語のキーパーソン的な存在ですが、もう少し違った形での関りがあったほうがマストだと感じます。

Advertisements
Sponsored Link

バケモノの子の九太と楓のその後は?

バケモノの子の九太と楓のその後はどうなったのかも気になるところです。

九太(蓮)は父親と暮らすことになります。お互い長い年月、一緒に暮らしていなかったわけですから一緒に過ごせなかった分の時間を取り戻せるよう関係を深めるのではないと言えますね。

楓との関係ですが、九太は大学に行くために楓と猛勉強を始めるシーンありました。二人は同じ大学を目指していると考えられますが物語の続きがないためその後の関係は考察になります。

九太と楓の恋人フラグは立っていますから二人は恋人になるのは濃厚と言えますね^^薔薇色の大学生活があると考えたらニヤニヤしちゃうかもです(笑)

今回はここまでになりますが

最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました