オオカミ犬とウルフドックの違いは?危険性・性格・値段や飼育方法は?

この記事は約3分で読めます。

号外!号外!

また大型動物が脱走したと話題になっています。

前回は「アミメニシキヘビ」と「ミナミジサイチョウ」で今回はオオカミだそうです。

新聞記者も動物ネタで取材が大変そうですよね。

脱走したのが「オオカミ犬」とありますが読み方が「ウルフドック?」という声も聞かれます。

おおかみ犬とウルフドックの違いというのはなんでしょう?

今回は「オオカミ犬とウルフドックの違いは?」と「危険性・性格・値段や飼育方法は?」についてご紹介します。

Advertisements
Sponsored Link

オオカミ犬とウルフドックの違いは?

結論から申し上げますとおおかみ犬とウルフドックの違いはなく同一犬と言えます。

犬と狼の交配で生まれたのがオオカミ犬といいます。

狼に一番近い犬種として別名は「ウルフドッグ」です。

オオカミ犬の特徴としては、体が普通の犬と比べて体が大きいところなんです。
体の大きさは60cm台~80cm台までと体重40~70Kg前後になるそうです。

個体差はありますが、極めて大きな犬になり普通の犬の2倍はあります。確かにこの大きさで野犬として野原に離されたら怖いですよね。

もともと犬の祖先は「狼」といわれているくらいですから驚きです!

私事の話になりますが実家で飼っていたワンコロは甘えん坊だったのでどこで育て方を間違えた方、考えたくらいです。

余計なお話をしますと、実家の犬ですが餌をあげる時に垂直に1mほどジャンプするんですよ(笑)

オオカミ犬の危険性・性格・値段は?

それでは、オオカミ犬の危険性・性格・値段について調べてみましたのでご紹介します。

オオカミ犬の危険性は?

オオカミ犬の危険性について調べてみると、どうやら過去におおかみ犬が女性を襲って旅立たれたとのニュースがありました。

女性はその飼い主だったのですが専門家よると「飼い主がいないところに、家に侵入者が現れたと判断したのでは」との声です。

アミメニシキヘビの値段はいくら?購入先・飼育方法を調べてみた!

ミナミジサイチョウの販売価格(値段)は?飼育方法や寿命も解説!

主を守る行為だったわけですが、的確な判断ができる犬とは限らず野生に近い犬だけあって危険性は高いといえます。
もし逃げ出したとしたら早急に対策を取らないと危険と言えます。

オオカミ犬の性格は?

オオカミ犬の特徴としては、飼い主と犬との関係ができていれば無闇に人や動物を襲うことはないそうです。
野生味が強く警戒心が強い反面、自然環境で生存しようとする本能から、仲間と認めた者とは極めて良好な信頼関係が熱いそうです。

なんだかヤンキーみたいなところがありますね。警戒心は強いけど、友情は強いあたりがヤンキーもおおかみ犬かと思いました。

そういえば、高校の時に狂犬と呼ばれていたヤンキーがいましたが彼女にはデレデレでしたね^^

オオカミ犬の値段は?

オオカミ犬の値段について調べてみると子犬で50万円前後。

オオカミ犬はの血が濃いほど高値で取引されるそうですよ。まさに純血強ってやつですね。

一番高いのでは100万円以上かかるそうで、よほどのこだわりがなければ購入できないですよね。

となると、今回のおおかみ犬を飼っていた人は富裕層なのかもしれませんね。

Advertisements
Sponsored Link

オオカミ犬の飼育方法は?

オオカミ犬の飼育方法ですが実は結構なお金と労力がかかります。

オオカミの血が濃いため運動量も普段の犬とは違います。

普通の犬の散歩が最低30分としたら、おおかみ犬は2~3時間の運動時間は必要と言えます。

しかもジャンプ力も2m〜3mの柵を軽々と飛び越えパワーもあるため、頑丈なゲージにいれておく必要があります。

大型犬のですからご飯も大量に必要となりますので月に20万円〜30万円はかかると言われていますよ。

私の給料1月分ですね!エサ代にしろ、めっちゃたかいですね( ;∀;)

Advertisements
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました