トイプードルの性格は凶暴?オスとメスの特徴と飼育方法や注意点は?

この記事は約3分で読めます。

トイプードルと言えばモコモコな毛並みで愛らしい顔つきがとてもかわいらしいですよね!

実はトイプードルはめっちゃ頭がよくて学習能力も高いのです。

学習能力も高いため、飼い主の育て方で性格も大きく変わってしまうこともあるんだとか。

今回の記事内容は以下になります。

・トイプードルの性格は凶暴か?

・オスとメスの性格の特徴や違いは?

・飼育方法や注意点は?

それでは、簡潔にまとめたのでご紹介します。

Advertisements
Sponsored Link

トイプードルの性格は凶暴?

それではトイプードルの性格は凶暴なのでしょうか?

結論から申し上げますとトイプードルは陽気で明るい性格で凶暴ではありません。

誰もが愛せるワンちゃんとして室内犬として大人気です。

他の犬種にとっては神経質であったり凶暴性があったりしますが、トイプードルは人間大好きですから育て方次第で性格が変わってきます。

これは我々、人間にも言えますが環境の影響で性格は良くも悪くもなります。

それなら躾をしながら可愛がることでワンちゃんも答えてくれますよ^^

僕も飼っていましたが、毎日散歩に連れて行ったり遊んだりしていたら人懐こくなりましたよ。

むしろ、家に帰ってくると尻尾をブンブン振り回して突撃してきます。

もう「主人キター!!」とヒップアタックしてくる感じでジャンプしてくるもんだから服に犬の気がよくついたもんです(笑)

トイプードルのオスの性格の特徴は?

オスのトイプードルは一言で言えば甘えん坊ですね。

そう飼い主にべったりするほどのかまってちゃんです(笑)

成犬やシニア犬になっても、オスのトイプードルの場合、子犬の時とさほど変わりなくやんちゃにはしゃいだり、飼い主さんに「俺にかまっておくれよー」的な愛情表現をしてきます。

もうベロベロと主人の顔を舐めまわすほど甘えてきますよ(笑)

時ゆえに重い愛情を求めてきます。甘いたい犬を求めるならぜひオスの犬をお勧めします。

トイプードルのメスの性格の特徴は?

メスのトイプードルは穏やかで大人しく、喜ぶことはあってもすぐに冷静沈着です。

成犬になると独立心も芽生え、甘えてはくるもののベタベタし過ぎることはあまりないようです。

これはオスのトイプードルとは異なりますね

一言で言えば空気が読める犬と言えます。

トイプードル,性格,凶暴,メス,オス,特徴,違い,飼育方法,注意点

 

トイプードルの飼育方法は?

トイプードルの飼育方法ではやはり学習能力も高い為、飼い主の接し方が大事になります。

まずは躾が大事ですね。

飼い主とワンちゃんの立場をはっきりさせるのが大事で自分より下と思われると飼い主に威嚇したり吼えたりします。

恐らくトイプードルの性格は凶暴という人がいるのも飼い主とワンちゃんの立場が逆転しているのが原因と言えます。

トイプードルは子犬の時から躾をしていく方がベストですから躾はしっかりと行うのがいいと言えます。

トイプードルに限らず、人間社会や他の犬との社会に溶けこんで暮らせるように、子犬の頃から色々な場所へ連れて行ってください

やはり社会性を積むのもお犬様の社会には必要というわけです。

他の犬に対して友好的なあまり「ハロー!!元気か?」とアメリカ人がハグをするような感覚で突進していくこともしばしばです(笑)

その為、躾は大事ですからお座りや待てを覚えさせておきましょう。

Advertisements
Sponsored Link

トイプードル注意点は?

トイプードルは骨が弱く筋肉質な足ではない為、骨折がしやすいのも特徴です。

高いところから飛び降りたり、歩いて転ばないように環境に気を付けるのが大事と言えます。

素敵なワンちゃんライフをおおくりくださいね(*´▽`*)

今回はここまでになりますが最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました