佐藤輝明の弟達は大の阪神ファン!兄弟仲良しエピソードがエモいw

この記事は約5分で読めます。

阪神タイガースの佐藤輝明選手といったら豪快にホームランを打つ選手としても有名ですよね!

ホームラン打った後のZポーズがこれまたお茶目でいいです。

なんでも佐藤輝明選手には2人の弟達がおり、大の阪神タイガースのファンでとても仲が良いんだとかのお話です。

今回は佐藤輝明選手の仲良し兄弟のエピソードについてご紹介します。

Advertisements
Sponsored Link

佐藤輝明の弟達は大の阪神ファン!

佐藤輝明選手の弟二人とも阪神タイガースのファンだそうです。

  • 次男は2歳下で佐藤太紀(さとう だいき)
  • 三男12歳下で佐藤悠(さとう ゆう)

2人とも兄弟仲が良くて阪神タイガースで大活躍されている兄を慕っております。

個人的にはお兄さんのZポーズやももクロ愛が強すぎることについてのコメントをいただきたいです(笑)

【阪神】佐藤輝明のzポーズの意味は?登場曲がももクロなのはなぜ?

それでは佐藤兄弟の仲良しエピソードをまとめたのでご紹介しますね^^

佐藤輝明,弟,阪神ファン

 

佐藤兄弟の仲良しエピソードがエモいw

次男・佐藤太紀は大学3年生!

次男の太紀さんは、子供の頃に兄と一緒に「阪神タイガースファンクラブ」に入っていて、年間10試合ほど甲子園に観戦で訪れていたそうです。

大好きな阪神タイガースでお兄ちゃんの活躍を応援できることは嬉しいですよね。

阪神タイガースに入団しているお兄さんは憧れもあるし、自分の家族から野球選手になった人がいると誇りに思います。

僕だったら「俺の兄貴は野球選手なんだぜ。マジで尊敬するよ」と自慢しちゃいますね(笑)

そんでもって親戚一同も絶対に自慢話しているような気がします。

「あのさ~私の親戚に野球選手がいるんだよ」ってww

ちなみにちらが次男さんです!なかなかの男前ですね(;’∀’)

佐藤輝明,弟,阪神ファン

実は体格一緒、パワーは弟くんの方があるらしいです!

パワーが売りで「いまは(力は兄より)僕の方が強いです」と話す。ベンチプレス150キロを挙上するなど、地元阪神にドラフト1位で入団した兄をしのぐ怪力で勝負する。

引用:日刊スポーツ

パワー打者として大活躍できそうですね^^

お兄さんと同じで体格にも恵まれていて身長187cm 体重が95㎏としてプロ野球選手なみのフィジカルをお持ちです。

佐藤太紀さんの体重が兄より4kg程重いんですから将来はトップ打者として大活躍されそうですね。

次男の太紀さんは、まだ大学の公式戦での出場はありませんがポテンシャルは高いと考えらえます。

弟の太紀さんは高校通算12本塁打の記録を持っていますが輝明選手は、高校通算20本塁打です。兄に続く実力の持ち主とも言えますね^^

面白いのが小学校時代のあだ名が野球仲間から「西宮のおかわり君」と呼ばれていたそうです。

打撃力もあるし頼もしい存在だったんでしょうね。

いつか兄弟で阪神タイガースで活躍してほしいな(*´▽`*)

輝明選手の話では、時間があるときはスマホでメジャーリーガーやプロ野球の動画を見てよく研究していたんだそうです。

ちなみには憧れのお兄さんのバッティングフォームをよく見ているのか、輝明選手とフォームが同じそうで将来が楽しみだと関西大学院の監督も絶賛しているそうです。

三男・佐藤悠は小学生で兄ちゃん大好き!

佐藤悠くんは現在10歳になります。

佐藤輝明選手と12歳も離れているんですね!

年齢が離れている兄弟仲いいと聞きますからね。悠くんにとってお兄さんたちは頼れる兄貴なんじゃないかと思います。

悠君は「テル兄ちゃん」と呼んでいてとても慕っております^^

みなさんが察する通り、悠君もお兄さんたちと一緒で野球をやっていて輝明お兄ちゃんの為に「目指せ本塁打王」という激励の絵を描いたそうです。

佐藤輝明,弟,阪神ファン,悠

絵は阪神が優勝できるようにチームにこうけんしてほしいと思って、ホームランを打っているシーンを描いたよ。バックスクリーンまで飛ばしてほしいな。

テル兄ちゃんからしたらきっと可愛いんだろうな。弟くんにとっては自慢のお兄さん。いい関係の兄弟で羨ましいですね^^

悠君もももクロ好きだったら、兄弟でライブ見に行ってお兄さんと一緒にZポーズとかやってるかもww

テル兄ちゃんはめっちゃゴリラ(笑い)。テル兄ちゃんからもらったバットは打ちやすいっちゃ打ちやすいかな。この前はランニングだけどホームラン打ったよ! お気に入りは青と赤の佐藤輝明タオルで、いまは見に行けないけど、いつかかかげて応援したいな。  家に帰ってきたら、もうむずかしいかもしれないけど、肩車してほしいな(笑い)。あとチーズハットグ(韓国式アメリカンドッグ)もおいしかったから、また作ってほしい。

悠君はテル兄ちゃんのように、将来はプロ野球選手になってホームラン打ってチームに貢献したいことをお話をされています。

大好きな野球を大好きなお兄ちゃんが活躍しているわけですから悠君にとってスーパーヒーローな存在なんだと思います^^

輝明選手が作ったアメリカンドッグ自分も食べてみたいです(笑)

野球は、僕は小学校の草野球でしかやったとありませんがチームで協力し合うのって楽しいですよね^^

打つ時も、バッドの芯に「カキーン」と当たってボールが飛んでいくと気持ちいです。時々、バッティングセンターに行きますが、打った時の爽快感は半端ないですよ( ´∀` )

小学5年生くらいって一番野球に興味があって兄ちゃんがプロ野球選手で、しかも今注目のホームランバッターって。学校で自慢できるしいい兄ちゃんもって、悠くん嬉しいんだろうなと思います。

かわいい弟さんで、佐藤選手にはこれからも活躍して欲しいですね!

Advertisements
Sponsored Link

佐藤兄弟が野球好きになったのは祖父の存在

佐藤兄弟が野球がすきになったきっかけの原点は祖父・勲さんの影響が大きいです。

佐藤輝明選手の祖父勲さんは大の野球ファンで、野球好きが高じて近所に少年野球チームを作ったほどの野球好き。

輝明選手の父に野球を教えていたけど野球センスがないと父は思い柔道に転身。その後、結婚し輝明選手が生まれるのですが、祖父の勲さんは野球を孫たちに教えたいと思い野球をさせます。

しかも野球クラブの監督であった勲さんは、輝明選手や次男・三男と孫たちに自宅庭にマウンドをつくりレッスンを受けていそうですよ。

まさに佐藤兄弟の野球の原点は祖父の勲さんだったんですね^^

素敵な選手を育ててくれてありがとうございます。

今回はここまでになりますが最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました