薄毛の治し方は?M字・頭頂部ハゲをお金かけずに治す方法を伝授!

僕は断言する。

薄毛は人の人生を台無しにすると言っていい。

社交性・仕事・恋愛・結婚・その他もろもろと「人生の大事なイベント」に影響を与えることは大きいと思っています。

人は中身が大事だと僕は思っていたのですが、まず中身を知ってもらう上でも人は見た目で「取捨選択」をする傾向があると感じたからです。

特に異性関係においてはこれは致命的な欠点としていってもいいかなと思いました(´;ω;`)ウッ…

そんな僕の髪ですがM字・O字ハゲから髪が復活してきたのです!

苦節16年間の薄毛生活にピリオドが打てるのがめっちゃ嬉しい><

今回は薄毛になった理由&シャンプーと育毛剤では髪が生えてこない理由について解説します。

僕の体験談がお役に立てればと思い記事にまとめてみましたのでご紹介します。

最初に言っておきますが個人差はあると思います。それと継続性がない人には向いていないやり方になります。

僕がお話をするのは科学的根拠に基づいてのお話しになりますので参考にしてみてください。

Advertisements
Sponsored Link

薄毛が急にきた!強風に怯え悩みそして坊主頭になる

僕が禿げだしたのは21歳の頃です。

看護師になる前の僕は当時、郵便局でアルバイトをしていました。

バイトながらにもお給料が入る為、毎日自分が好きなものラーメン・揚げ物・お菓子・コーラ等)を毎日と言っていい程、食べていました。

また友人と夜遅くまでドライブしたりと睡眠を削っていました。

今思うと体に悪い生活をしていたと思います。

そんな生活を1年くらい続けているとある時、前髪の伸びが遅くて友人からも「前髪が薄くない?」と忠告がありました。

鏡で、前髪を上げて生え際をよく見たらうっすらとM字禿げになっていたのです。

その後、ドンドン進行が進んでしまい現在ある髪で隠すのが出来なくなってきたのです。

ネットで「ハゲの治し方」について調べシャンプーを変えたり、亜鉛サプリを飲んだり、育毛剤を使ったりしたのですが結果がでなくて改善の余地がありませんでした。

21歳~36歳までの期間はM字禿げ→O字ハゲも加わりハゲも進行していったのです。

この時はもう最悪と言ってもいいくらい鬱になりました。

強風にあおられるようになり隠していた長い髪も無残な頭になる。

36歳になるともう無駄な抵抗はやめようと思い8㎜位の坊主頭にしました。

どうしょうもできないことにエネルギーを使うのは精神的衛生によくないと思ったのです。

禿(ハゲ)たら女性との恋愛に支障がでた!

薄毛になって坊主にしたわけですが薄毛が進行してくるとある悩みが出てきます。

それは女性との恋愛関係だ。

禿げたらモテないはガチで本当でした。

髪がフサフサである頃はカッコイイと言われたことがあったが薄毛になると「老けて見える」「おじさん」とか言われることもよくありました。

髪が駄目なら中身で勝負するしかない

と思った僕は、誰に対しても誠実・親切にするように心がけた。

ある本に女性は「優しい人」が好きとあったから、試してみたけど結果は散々だった。

その理由は女性は性格を見てくれると思っても実際は、好みの外見(その人がセーフとされる容姿)でなくてはならない。

外見で選別し次は中身で判定を下す。これは男でも女性を見る時にまず外見から見ることに似ている。

禿げはフサフサな髪がある人と比べて、恋の「バッターボックス」に立つことすら困難だということを痛感したのです。

僕の場合は仲いい女子はできても友達どまりでした。

髪を生やすために実践した僕の薄毛対策は?

坊主にして清潔感は前よりはでたけど、恋人関係に関してはめっち厳しい。

俺も恋のバッターボックスに立てるようになりたい。

そこで僕は髪を生やすために16年という年月をかけて発毛・育毛プロジェクトをたてのですが結果がでないことに疑問に思いました。

僕が21歳~36歳まで行ってきた薄毛対策を思い返しました。

<僕が21~36歳まで薄毛改善対策でやってきたこと8選!>

  1. 亜鉛・ノコギリヤシ・ビタミンB系・唐辛子サプリメントを飲んだ
  2. 育毛剤・発毛剤を使った
  3. お高いシャンプーをかった
  4. シャンプーを自作した
  5. 早寝早起き生活にした
  6. ストレスをためないよう筋トレした
  7. オナ禁した(笑)
  8. バランスよく野菜を食べるようにした

結果は、髪を生やすために抵抗を続けたけど16年間でドンドン薄毛が進行するばかりだった。

なぜハゲが治らないのか・もうお終いなの?

育毛業界は誇大広告ばかりで発毛させる気はない!

育毛業界が現在でも継続して売れまくってているのは「薄毛」という悩みを抱えている人にアプローチしているからです。

そもそもインターネットで「薄毛の治し方」を調べても、どのサイトにも似たり寄ったりな記事を見たりしませんか?

ユーチューブでも同様な広告がながれていますよね。

これは育毛業界の闇と言ってもいいのですが、そもそも髪を生やす気はありません。

育毛業界は誇大広告ばかりで発毛させる気はない!

僕は看護師をしながらブログ記事で収益も得ていますが、ブログをしているとハゲをネタにした記事には必ず商品紹介についての記事を多く見かけます。

それはなぜかと言うとブログはいわば「集客」です。多くの人が特定のキーワード(検索されるキーワード)をGoogleの検索エンジンに入れて検索をします。

そこに出た検索エンジンに表示された記事タイトルを見て「今、自分が気になっている情報」を記事タイトルを見ながらクリックし疑問を解決します。

しかしこれらのブログ記事はあくまで集客に作られた記事が多く、そこには「企業広告」を貼る為に作られたものばかりです。

企業が商品を売れるよう金儲けのために作られていた物ですから、人間の解剖生理学の事実とは異なる内容が多いのです。

禿げの原因についても似たり寄ったりな記事が多いのも「コピペ」しているものが多いというわけです。

ハゲ→人生ドン底→育毛シャンプー&飲み薬と出会う→実践→薄毛改善→女性からモテる!

よくあるユーチューブでの広告サクセスストーリーもこれに基づいた内容になります。

むしろ解剖生理学の根拠を無視した内容が多いのが情報操作としてやってはいけない。

そもそもその記事を書いた人は「誰ですか?」

と疑問に思うことが大事です。

話は戻しますが僕が言いたいことは「インターネットで書かれている情報は鵜呑みにしない」ことが大事です。

某有名な育毛会社が出している育毛・発毛剤は値段が一本5000円しても結果が出ないとの声も多く寄せられています。

育毛業界はそもそも薄毛で悩んでいる人をターゲットにして「自社の商品」を販売しているぎ過ぎません。

確かに頭皮を除去する・血行を良くするなどのうたい文句があって「なるほど」と思うところがありますが根本的な解決をしていないから結果がでないのです。

それでは、いよいよ「なぜ薄毛になるのか?」ということを解剖生理学的にお話をしていきます。

Advertisements
Sponsored Link

薄毛の原因は血液循環にある!

最近になって「解剖生理学」を見直す機会があったので薄毛の改善策を発見しました。

もっと早く気が付けばよかったんですけどね((笑))

ともあれ人体の構造をよく理解することが鍵になります。

医療的なお話は難しいと思いますのでわかりやすく解説しますから安心してくださいね^^

僕らの体には血管を通して血液が流れています。

この血液の役目は全身の細胞に「栄養」を届けることで細胞が活性化し身体を健康的に動かす役割があるのです。

血液の流れが悪くなると何がおきる?

血液の流れが悪くなると何がおきるのかと言うと、栄養が届けられなくなった細胞は機能がしずらくなります。

何らかの障害が起き血液循環が悪くなる→細胞に血液が届けられない→細胞が活性化しない→機能不全が起こる

*機能不全:本来の役割が果たせなくなる。

代表的な病気を上げると脳梗塞とかの病気はこの過程をたどります。

高血圧・高脂血症・糖尿病・肺塞栓・脳梗塞も然り、血液循環が影響をきたしています。

恐ろしいのは合併症です。機能不全が起こると連鎖してそれに関連する臓器・細胞にも影響がおきるのです。

それだけ血液循環をよくするのが大事なのです。

髪は毛根で作られる!

髪は、地肌から出ている部分を毛幹、地肌の中にある部分を毛根と呼びます。

毛根の一番奥の毛球で、髪の元となる毛母細胞が、毛乳頭からの指示で、分裂・増殖し、各部位に分化しさらに角化したものが毛髪です。
毛髪(毛幹)は死んだ細胞ですが、毛母細胞が活発に分裂・増殖することによって押し出されるように伸びていきます。

つまり髪を生やすためには毛母細胞を活性化させる必要があるのです。

先ほど「血液の循環」のお話をしたのはこの為です。

僕は仮説を立ててこれまでのことについて振り返りました。

 

なぜ血液循環がわるくなったのかなぁ。

大きな病気もしていないけど時々、体調が悪き時がある。

健康診断の血液検査データで脂質異常症と診断!

2021年2月に僕は病院の健康診断で「脂質異常症」。

脂質異常症は健康診断やるたびに引っかかっていた項目であります。

当時の僕はLDLコレステロールが180台でありました。LDLコレステロールは俗によく言う「悪玉コレステロール」と呼ばれるもの。

人間の体内にはコレステロールは必要不可欠な物であります。ホルモン生成・髪・関節などを滑らかにする役割があり無くてはならないものです。

しかしこのコレステロールは多くなりすぎると血管壁にアテローム(脂質)のゴミができます。

そもそも血液には脂質も含まれています。その脂質が高いと脂質の塊を構築しやすく血栓ができるのです。

何らかの障害が起き血液循環が悪くなる→細胞に血液が届けられない→細胞が活性化しない→機能不全が起こる

LDLコレステロールは全身の血管内にコレステールが溜まっている指標とも言えます。つまり血液の通り道を悪くさせる原因とも言えます。

ちなみHDLコレステロールは「善玉コレステロール」と言われ体内の余分なコレステロールを回収し肝臓に戻し再利用してくれる役割があります。

補足:*肝臓はコレステロールを代謝・ホルモン生成を作るところです。善玉コレステロールは有酸素運動で増やすことができます。

人間の血管には末端に行くほど血管が細くなりそれらを毛細血管と言われます。髪は毛細血管を通して血液が届けられるのです。

髪は血余りと言われるほど、血液が流れる優先度は低いとされコレステロールが高くなることで毛細血管の血管壁に脂質のゴミが溜まると血栓が出来て余計に血液がスムーズにながれなくなります。

Advertisements
Sponsored Link

生活習慣(外食・運動不足)が悪いとコレステロールが上がる!

コレステロールが上がる原因はやはり生活習慣が関係しています。

これまでの食習慣について振り返ってみると思い当たる節がいっぱいありました。

僕は21歳の時から食生活が偏っていました。それまでは実家でお母様が作った食事をたべていましたがアルバイトをするようになり外食中心の生活を送っていました。

外食はお肉・炭水化物・揚げ物生活が中心。

筋トレが好きだったので運動していれば健康的に問題ないでしょう(笑)

と思っていたのです。

また体重が太っている時には「糖質制限ダイエット」と称してお肉・揚げ物ばかりの生活をしていました。

それLDLコレステロールが上がり脂質異常症になると思いました。

運動は筋トレのみだから上がったコレステロールは解消できないため、うなぎ上りにもなるし食生活の影響が髪に直結しているとは思いませんでした。

これまでの薄毛対策を振り返ってみると

<僕が21~36歳まで薄毛改善対策でやってきたこと8選>

  1. 亜鉛・ノコギリヤシ・ビタミンB系・唐辛子サプリメントを飲んだ
  2. 育毛剤・発毛剤を使った
  3. お高いシャンプーをかった
  4. 育毛シャンプーを自作した
  5. 早寝早起き生活にした
  6. ストレスをためないよう筋トレした
  7. オナ禁した(笑)
  8. バランスよく野菜を食べるようにした

血液循環の観点から効果がないものばかりだと痛感しました。

そもそも血菅内に溜まった脂質というゴミを除去できていないわけですから血液循環にも改善がないのです。

本来、髪の毛は毛母細胞によって髪が生えてきます。血液という栄養が届かないと毛母細胞が活性化しないのです。

髪の毛は「体内」から作られます。つまり禿げてしまった僕たちが一番やらなくてはいけないのは「体内の改善」です。

もう一つ血液循環を妨げるのものがあります。

Advertisements
Sponsored Link

カルシウムパラドックスで血管が細くなる!

カルシウムパラドックスによって血管壁が押し出され血管が詰まりやすく血流の流れが悪くなる。

カルシウムパラドックスというのは

簡単に言えば体内のカルシウムが不足して体内の調整をはかるために骨からカルシウム取り出して体の調整をはかることになります。

長期間的にカルシウムが骨から放出されると余分なカルシウムが血管や脳、軟骨など通常はカルシウムが存在しないところまで入り込んでしまいます

上の画像にあるように溶けだしたカルシウムは血管の内膜に入り石灰化します。それが血管の通り道を悪くし血流の流れを悪くするのです。

その結果、さまざまな病気が引き起こされる事になり、このような仕組みを「カルシウムパラドックス」とされています。

つまり食生活でカルシウムが不足すると、骨や歯からカルシウムイオンが溶け出し、体内(細胞、脳、血管、臓器)ではカルシウムが増えすぎる。

その結果骨はもろくなり、身体の細胞は硬くなり結石ができやすくなるのです。

毛細血管内に高脂血症の脂質が溜まり、更にカルシウムパラドッスが合わさるとどうなりますか?

血液の流れが悪くなるのは間違いないですね(;’∀’)

そりゃ毛母細胞に血液が十分いかず活性化しないというわけです。

バランスよい食生活を送るはあながち間違いではありませんが、現に体に起きてしまっている状態を改善しないといくらバランスの良い生活を送っても改善することができないのです。

シャンプー&育毛剤では髪が生えてこない理由にはそういった根本的な解決をしていないからともいえます。

むしろ悪化します。体調が治っていないですからね(-_-;)

結論として髪を生やすには血流の流れをよくするのが大事なのです。

まとめると、僕の禿げた頭に髪が復活してきたのは以下の原因だと仮説をたてたのがきっかけです。

  • 脂質異常症
  • カルシウムパラドックス

その対策方法については別の別の記事でお話をします。

最後に薄毛になるのは遺伝とよくお話を聞きますが、それは確率的にはあるけれど悪い生活習慣の重ねが原因だと思いました。

僕は禿げていつも「髪」のことばかり考えて悲観していた時間が多かったです。この時間をもっといい方向に利用できていたらとちょっと反省しています。

この16年間のハゲで悩んだ失われた時間は大きいですが、それがあって今の僕があるのでちょっとでも僕の記事が薄毛で悩まれている人の解決に繋がれば良いと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements
Sponsored Link

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました