看護学校の社会人入試・志望動機はどう答えれば合格率が上がるか?

378 Views

看護学校の社会人入試の中で小論文よりも、志望動機を多くの人が悩む種だと思います。現役学生と比べて、なぜ社会人から看護師を目指すのかは、面接官じゃなくても気になるところです。僕もその1人です(笑)

どういった事情があるのか?なぜ看護師を選んだのか?志望動機は人それぞれ全くちがいますよね。

今回は、看護学校の社会人入試・志望動機はどう答えれば合格率が上がるか?について僕の体験をもとに解説していきます。

看護学校の社会人入試の難易度の高さの理由

看護学校の社会人入試は、現役学生よりも面接の志望動機の難易度は高いです。それに現役学生以上に聞かれる内容は濃くて意地悪な質問もあります。パニックになる時もあると思いますが、その時は心を落ち着かせるために深呼吸してくださいね。

志望動機を初め、看護学校で学生が抱えている悩みに対して、どうこの人は対処するのかを質問していきます。人間関係・勉強・卒業できるのか・これまで困ったときにどう対応してきたか等々・・・。

面接官は受験者が看護学校を無事に卒業出来て、看護師として長く働くことができるのかを見抜く必要があり、いい加減な人を看護師にさせるわけにはいきません。

入学後も看護学校の勉強や実習そして人間関係も大変です。途中で挫折して退学する人もいるので、社会人から看護師を目指すなら面接でふるいにかけて、この人は看護師になれるか判断すると考えられます。

僕も社会人から看護学校の面接を受けたましたが、数十人以上の社会人が面接を受けて、一般入試試験で受かった社会人は僕も含めて数人だけです。面接の判定の厳しさと社会人が学校に入れる難易度の高さを実感しました。

また男性が看護師を目指すのはなかなかいませんので、更にハードルは高いんじゃないかなと思います。当時、今より不況で看護学校に行きたい社会人が多かったので、今思うと僕は運が良かったと感じます。

社会人から看護師を目指す志望動機を本音で面接官にぶつけた

僕も看護学校での志望動機について、自分が話した言葉でどう面接官が返答してくるか何度も何度もシュミレーションしていましたがマニュアル的な志望動機しかなかったんですよね。

そもそも僕が看護師を目指した理由は、頑張って電気工事の資格を取ったのに、不況で正社員として働けず契約社員として働いていたからです。

安い給料で雇用も安定せず将来に不安が募るばかり…。先の見えない状況で転職を考えた時に、人の役に立ち人に関われる専門的な仕事がしたいと考えていました。

ある時に仕事の関係で修繕工事で病院に訪れる機会があり、修繕先の病棟で男性看護師の存在を知り、見ててやりがいがある感じがして自分も看護師をめざしたいと思ったからなんですよね。

働きながら一般試験の学科を合格できたんだから、次は面接に絶対に受かりたい。面接官もガチで質問してくるのがわかっているので、小手先のマニュアル通りでやっても通用しないと感じたんです。

社会人から看護師になるにはそれ相応の理由があります。僕はマニュアル通りの答えでは不利だと感じました。僕が取った行動は自分のこれまでの経緯を面接で、全て本音で話すことにしたんです。

看護師になりたい志望動機・これまでの経緯を本音で話しました。話す時に、ハニカミする時もありましたが、本音で話すことで面接官も理解してくれる反応があり、結果的に建前をつくらず、本音で話すことができてよかったと感じました。

その後、補欠合格の通知が来て無事に看護学校へ入学。当時、僕の面接官をしていた人が担任の先生になり、面接の時の印象を聞いてみたんです。

担任の先生から、聞かれたことをバカ正直に話す社会人がいたから印象に残った。理由も明確で看護師になりたい思いが伝わったから採用されたのではと、話を聞くことが出来ました。その後、社会人から入学したクラスメイトに聞くと、本音で答えた人が多かったです。

面接時に相手にどうやったら相手に印象をのこすことができるか。質問内容にどう答えるかも大事ですが、相手に本音で熱意を伝えることができるかが合格の決め手になったかなと思います。

まとめ~看護学校の社会人入試面接では本音で熱意を伝えることも合格率を上げる

いかがでしたか?

僕がしたことは本音で相手に志望動機を伝えたことになります。博打的だと思われるかと思いますが、面接する人も同じ人なので、熱意を伝えることができれば相手も反応してくれるのではといえます。

面接大変ですが看護師を目指す社会人の皆さん、頑張ってください!現役看護師の一人として看護学校へ合格できることを応援しています✌(‘ω’)✌

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました