看護実習期間中の時間管理術を現役看護師が伝授!(睡眠・記録他)

293 Views

看護学校の看護実習は時間との闘いになります。実習記録があり、その記録を提出する為に睡眠を削ったりするからです。

睡眠時間を削って実習に行くのは正直辛いです。眠すぎて気分が悪くなったり、実習先の指導者がアドバイスしていることが頭に入ってこないんですよね。

実習の振り返りをするんですが、うろ覚えだったので記録が進まないこともしばしば…。

学生の時に患者さんによく眠れましたか?と話しかけますが、あの言葉は自分自身に言ってるように感じました(笑)

今回は睡眠を確保する為に、実際に僕が試行錯誤しながら編み出した看護実習期間中の時間管理術を解説していきますね^^

看護実習期間中の僕の時間管理術について

実際に僕が通っていた看護学校の実習スケジュールになります。

8:00 病院に到着。着替えをおこない病棟へ

8:30 病棟の申し送り(病棟で本日の目標発表)

9:00→12:00まで実習

12:00~13:00まで昼休憩

13:00~15:00まで実習

15:00~16:00 記録またはカンファレンス

16:00実習終了

看護学生にとって睡眠不足になることは、実習のモチベーションに大きく関わります。この睡眠不足で、メンタルが病むクラスメイトが続出します。誰もが口にするのが食欲より睡眠が欲しい…。当時、実習の時はこればかり考えていました。

睡眠時間を作る為には時間管理が必要。実習記録を毎日提出しなければ先生や指導者からお叱りを受ける。何とかしなければと思い、僕は作戦を立てました。

現役看護師の僕が伝授していきます^^

睡眠確保作戦①:実習前に患者情報をもとに疾患調べに徹するべし

実習が始まるとわからないことを調べなければなりません。記録をしながら調べるのは時間もかかるし負担になります。特に患者さんが持っている既往歴や、主要疾患は指導者と教員が必ず聞いてくる内容です。

どうせ聞かれる内容なら、先回りして実習前に疾患調べを徹底しておくことが精神的負担の軽減につながります。疾患を調べることで記録を書く時も書きやすく、記録時間の短縮になりますのでおススメな手法です。

その時に、解剖生理学を同時にやっておくことをおススメします。体の仕組みを理解し、疾患と絡めると全体像が掴めますよ。

ポイントは正常に働いている機能が病気や怪我により、支障をきたすことで正常な機能がしなくなる。そうなるとどうなるか?をイメージすることが大事です。

睡眠確保作戦②:実習中の隙間時間を利用するべし

実習中に記録時間はあります。実習指導者と実習教員が一人の看護学生のケア介入に付き添っている間は、時間ができます。だいた15分はあるので取り掛かりやすい記録を書いていくことをおススメします。

こういった隙間時間を利用することで、塵も積もれば山となり自宅での記録負担を減らすことができますよ^^

睡眠確保作戦③:食事は軽食に努めるべし

ご飯をいっぱい食べると血糖値があがり眠くなるんですよね。消化にエネルギーを使う為、体への負担増大に関わります。眠い上にお腹いっぱい食べると、さらに眠くなり頭がまわりません。記録に集中してやるのなら腹6分目にすることをおススメします。

小食にすることで消化機能にかかる負担を軽減することができます。3食腹一杯食べることはフルマラソンにひってきする程の疲労らしいです。

また、小食にすることで頭の回転率は良くなるし、記録に集中して取り掛かれます。また嬉しいことに消化負担が少ない為、短時間の睡眠でも熟睡感が得られます。それとダイエットともでき一石二鳥ですね(笑)

睡眠確保作戦④:眠い時はコーヒーを飲んで仮眠するべし

実習をする時は眠気との戦いになります。眠気対策として活躍するのがコーヒーです。僕の相棒として幾多の戦場(実習先)をかけめぐった良き右腕です。

コーヒーは眠い時に飲む以外にも使える方法があります。それは眠い時にコーヒーを飲んで直ぐ仮眠することです。なぜ仮眠することが必要かと言うと、コーヒーの作用時間を利用します。

コーヒーを飲んで血中濃度があがり覚醒作用が効いてくるのが30分ほどらしいです。仮眠している間に、作用してくるので1時間程度の仮眠でも頭がすっきりして起きることができるんですよね。

僕はこれをよくやってました。看護実習って精神的疲労もあり疲れやすいんです。疲れて眠気がある時は、頭がまわらないのでダラダラやるよりは、一度仮眠をとってリセットさせる必要があります。

睡眠確保作戦⑤:休日は先回りして記録のベースを作るべし!

これは実習になれてきた時にできる手法です。段階を得ながら提出をする記録があるので時間が取れる休日を利用すること。記録のベースを作り、少しずつ埋めていけば記録負担の軽減につながります。

難しい記録って小分けにすることでクリアもしやすいです。長期目標があるなら、それを達成させる上で短期目標を立てます。短期目標もやりやすくできるよう更に細分化させることで、難易度レベルを下げやすくすることができます。

まとめ~睡眠確保する為には、看護実習の事前準備に徹底し隙間時間を利用すること

いかがでしたか?

看護実習は頭使って体力も使うので大変なこともあります。正直、僕も毎日が大変だと感じていました。眠くて記録を仕上げるのがやっとだと思う時もあるかと思います。

実際に記録に追われて体調を崩す人もいるので、学生の内は完璧じゃなくてもいいから毎日記録をだすことをクリアできればいいと思っていますね。

看護学生の皆さん大変だと思うけど頑張ってください。現役看護師の一人として皆さんを応援しています。

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました