【追悼】藤原啓治の遺作となった作品は?アフレコしたキャラをご紹介

1,291 Views

大人気声優・の藤原啓治さんが2020年4月12日に遠い所に旅立たれました。まだ55歳と言う若さなのに早すぎます( ノД`)

藤原啓治さんが声優とした担当された作品は数多くあります。代表的なものとしたら「クレヨンしんちゃん」に出てくる野原ひろし役が有名です。

その他にも大ヒットされた作品が多くネットでは彼を惜しむ声が多く聞かれています。

今回は藤原啓治さんの遺作となったの作品についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

藤原啓治の遺作となった作品は「ファイナルファンタジーVII リメイク」と「ドクタードリトル!」

 

藤原啓治さんの遺作となった作品は2つあります

①ファイナルファンタジーVII リメイク

 

2020年4月12日に発売されたゲームです。

『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイク作品で、ゲームボリュームがあるために数作に分けて発売していくそうで、なんでも一作目が森羅カンパニーを脱出するとこまでらしいですよ。

藤原啓治さんが演じる『レノ』はストーリー上、非常に重要なキャラクター。

口癖はだぞっと(笑)です。

わかる人にはわかるネタですね(・∀・)ニヤニヤ

リメイク前の『ファイナルファンタジーVII』から継続して、リメイク版でも藤原啓治さんがレノを演じています。

 

 

「邪魔するぞ」っと言った人がレノです!イケメン過ぎるwww

発売直後から藤原啓治さんが演じたレノの声が、『今までの藤原啓治さんの声と違う』『違和感がある』などの声がネット上にあがっています。

前作のレノの声と比べても、藤原啓治さんの他の出演作と比べても声が高く感じますね。

ツイッターではレノを倒すのが辛いという声も上がる程、悲しい意見があります。

②ドクタードリトル

 

藤原啓治さんは映画『ドクタードリトル』でロバート・ダウニーJr.の吹き替えを担当しています。

 

 

 

もともとは2020年3月20日に公開される予定だった『ドクタードリトル』ですが、新型細菌の影響で残念ながら延期になりました。

 

藤原啓治 最後の作品 遺作

 

お茶目な文章にクスっと笑いそうです。

公開延期になり、藤原哲治さんも映画を見た視聴者たちからの「もう!最高さ~!また見に行こうよ」とか聞くのが楽しみにしていたかもしれませんね。

『ドクタードリトル』が公開され時には、藤原哲治さんに「面白かった」って思いをとどけたいですね!

 

藤原哲治

 

藤原啓治がアフレコした名作品と感動シーン

 

個人的に僕自身が藤原哲治さんの中で良かったなと思うの「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん 」です。

Cocomiのインスタが可愛すぎてやべぇ!コメントが好感もてる

ここの名場面はクレヨンしんちゃんの作品の中でも藤原哲治さんのアフレコが神がかっていました。

 

 

ロボ父ちゃんと野原ひろしの言葉がこの作品を見た人がここが一番良かったって話していた場面でもあります。

さすが声優さんと言いますか、いや藤原哲治さんだからこそなせることだったのではないかと感じました。

 

Sponsored Link

 

藤原啓治に対しツイッターでは追悼のツイートも

 

 

藤原哲治さん・・・レノ・・・レノォ・・・涙

 

父ちゃーーん!本当に家族思いの父ちゃん

藤原哲治さんのお父ちゃん…。野原ひろし大好きだったなぁ

 

あたしが声優さん、アニメを好きになって、オタクになるきっかけをくれて本当にありがとうございます、 気が落ちてたり、辛い時に藤原さんのお声を聞いていつも沢山の安心と元気を頂きました

 

 

本当にありがとうございました。藤原哲治さんの声が大好きです、
これからも、ずっと。ゆっくり眠ってください。

 

最後に、

クレヨンしんちゃんなどで同じみだった野原ヒロシ役の藤原哲治さんの不幸を聞いた時はとても胸が痛くなりました。

藤原さんのあの素敵な声に毎回感動したり笑わさせてもらったりとても大好きでした。また1つ国の宝がなくなった事に悲しみを覚えます。

あらためましてご冥福をお祈りします。

 

Sponsored Link

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました