ウエンツが留学した本当の理由は?ロンドンから帰国までの期間は?

711 Views

ウエンツ瑛士さん、久しぶりにTVに出ていましたね!お元気そうなお姿を見れたので安心しました^^

ウエンツ瑛士さんは先日、留学先のイギリス・ロンドンから帰国し日本での芸能活動を再開したそうです。

驚いたのはウエンツ瑛士さんのMC力が特にすごい!全くブランクを感じないどころか、留学ネタを完璧に盛り込んでくるあたりが素敵でしたね^^

今回はウエンツ瑛士さんがロンドンに留学した本当の理由についてご紹介します!

 

Sponsored Link

 

ウエンツ瑛士がイギリス・ロンドンに留学した本当の理由は?

 

ウエンツ瑛士さんは30歳を過ぎた頃からずっと、イギリス・ロンドンに留学をしたいことを考えていたそうです。

お仕事も順調そうなのに突然の留学発表だったので、ネットでは「なぜウエンツは留学するのか?」「何かやらかしたのではないか」など、憶測が飛んでいました。

芸能人の留学理由として、女性関係や反社的な問題を起こしたからなどの理由のいわゆる「左遷」留学が多いのですが、ウエンツ瑛士さんはそんなことはありません。

唐田えりか女性から嫌いと殺到!同性から嫌われる理由を考察してみた

ドイツ系アメリカ人の父と英語がペラペラの日本人の母を持つハーフでありながら、見た目とは違い英語を話せないキャラというギャップを持つウエンツ瑛士さんです。

彼がそんなアホなことをするはずは考えられないですからね(笑)。

 

ウエンツ瑛士

 

ウエンツ瑛士さんは33歳になり、出演していたバラエティ番組『火曜サプライズ』で、留学と1年半の芸能活動休止を発表しました。

 私は10月からロンドンに留学することにしました。9月末を持って日本での活動を一度全て休止して、10月からロンドンへ行き勉強したいと思います。

 3年前に、自分がいつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりました。

 たとえ誰かに迷惑をかけても、達成したい夢であると自分の中で確認できましたし、それ以上の恩返しをするという覚悟ができましたので、今回留学する決断をしました。

この発表を見ると「やりたいこと」のために留学する熱意が伝わってきますね!

芸能界で大活躍をされていのにあえてリスクを取って誰も知らない地に行くなんてなかなかできるものじゃありません。

 

ウエンツ瑛士はイギリス・ロンドンの留学先で英語は喋れるようになったの?

 

2020年3月の帰国前、2019年12月放送の『火曜サプライズ2時間SP』に、留学先のロンドンから1年3ヶ月ぶりに出演したウエンツさん。

 

ウエンツ瑛士

 

アポなしの飲食店訪問の時にも留学で鍛えた流暢な英語を披露されヒロミさんが口をポカーンと開ける程驚かせていました。

そんなウエンツさんですが、当初の目的であった「舞台の勉強」についてはどうなったのでしょうか?

ロンドンからの火曜サプライズ出演時、ネット上には「もう帰ってくるの?」「ミュージカル俳優って、そんな短期間でなれるもんなの?」といった疑問が飛び交っていました。

実はこの放送前の2019年の11月には、ロンドンの小劇場で、自ら舞台をプロデュースされ、自力で脚本家や俳優にオファーし、2人芝居を制作・上演したそうですよ。

ウエンツ瑛士さんは、夢だったロンドンで、念願の舞台に上がることができていたのです。0から始めて手探りのなか頑張って達成させたのですから相当嬉しかったと思います。

英語が全く話せない状態から、たった1年強で芝居のプロデュースまでできるようになったというのは、相当な努力と行動力だったですよね( ;∀;)

ウエンツ瑛士さんは、英語すらまともに話せなかった時のことをある取材では下記のことを話されていました。

ロンドンの劇場街で知られるウェストエンドの舞台に立つ夢を追うため、昨年10月から英国に留学しています。10年ほど前にテレビ番組の撮影で初めてきて、「将来ここに来るな」という予感があったことが大きいんです。

 それに上皇后美智子さまが公務を離れたら読みたい本として挙げた「ジーヴス」とか、何度か英国原作の作品を演じた経験があったのも影響していますね。

 これは何度も聞かれることなのですが、留学直前は単語を覚えるぐらいの勉強程度で、本当に英語ができなかったので、ロンドンでは演劇のレッスンに通うかたわら、語学学校にも通いましたですが、初日に間違って同名の別の学校に行ってしまうほどで。

 なんとか入学したものの、振り分けられたのは5段階の下から2番目のクラス。3カ月ほどはまともに会話もできなくて、まして英国の冬は日が短くて毎日太陽を浴びられなかったこともあって、一時はうつのようになってしまった。

 

ウエンツ瑛士さんが行列で留学するブルゾンさんに向けての言葉には深い意味が込められたていたのもなんだかうなずけますね。

「ちがうと思ったら帰っておいで」ってブルゾンさんはそれだけで救われるはず。 本当、留学は辛いこと多いから死にたくなるほど逃げたいときは、きっと救われる日が来ると思います。

それは留学だけに限らず日本にいても同じですね。頑張っているけどうまくいかない。僕もその一人ですが簡単には諦められないですよ。

低空飛行でも続けることが大事かと最近よく痛感される時はありますからね。

 

Sponsored Link

 

ウエンツ瑛士がイギリス・ロンドンに留学していた留学期間は?

 

留学に行っていた期間は2018年10月〜2020年3月までになります。

ウエンツ瑛士さんは最初から留学期間は2018年10月末からで、元々2020年4月頃の帰国と決めていたそうです。

ウエンツさんは見事な英語力とロンドンでの上演経験を手に、2020年3月10日に日本に帰国。

いくら芸能界で活躍していたとはいえ、1年半の留学を経てその椅子があるのか不安になってしまいそうなものですが、それでもウエンツさんは、必ず戻って仕事をすると決めていたそうです。

それには、海外で勉強したいと思った人が留学を実現させ、帰国後もちゃんと復帰して活躍できるということを若い世代に見せたいかという理由がありました。

帰国と同日に『ニッポン視察団!』への出演も決まっていそうで、なんとウエンツ瑛士さんは羽田空港からスタジオに直行し、収録に臨んだそうです。以前より行動力があがっているような気がしますね。

そして4月からは、『火曜サプライズ』にも復帰をしたり、新番組『タイムトラベラー』でMCを務めたりと、間髪入れずに仕事も入っているようで順調のようですね。

1年半休んでたのに戻ってすぐから留学前ぐらいの仕事あるのすごいな。さすがウエン英二さんです。元気な姿で帰ってきてくれて嬉しいです。

個人的に思ったのは顔つきが変わったかなぁという印象でした。慣れない留学先で、苦労し努力を重ね自分を磨いたウエンツ瑛士さんは自信がついたのではと感じます。

EXITのいじりも、鮮やかに交わしたのも「さすが」だなぁと思った次第です。

一味も二味も成長したウエンツ瑛士さんの今後の活躍が楽しみです!

それでは、また(^^♪

 

Sponsored Link

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました